6/7ページ

6/7ページ
DTM
  • 2018.06.19

ぷるれこミキシング選手権 第1回 結果発表会

先日こちらの記事で「ぷるれこミキシング選手権 第1回」としてミキシングした音源を募集しました。今回はその記事で応募頂いた音源の結果発表を行っていきます。頂いた音源と私視点のコメントをつけて全て聞いていきたいと思います。参加して頂いた方もそうでない方も、ミキシングの助けになればと思います。それでは早速始めていきましょう。

  • 2018.06.17

マスタリングのMidSide処理

  MidSide処理(MS処理)はオーディオ信号をMidとSideに分けて処理することです。MS処理を使うとMid部分に位置するドラムにのみ迫力をあたえたり、Side部分を適切に処理してステレオ感・飽和感のあるサウンドを演出することができます。ここではMS処理の簡単な説明と、効果的な使い方を解説していきます。

  • 2018.06.15

Ableton Live Tips 004 1つのノブで全てをコントロール

  MassiveやSerumなどのシンセサイザーには1つのノブで複数のパラメータをコントロールできる機能が実装されています。とても便利ですよね。しかしそういったマクロコントロール機能を実装していないシンセやエフェクタ類もたくさん存在します。そういったマクロコントロール機能がないものでもAbelton Liveの機能でコントロールすることができます。今回はその方法をご紹介します。

DTM
  • 2018.06.14

新製品クラウド型ループシンセOutput Arcadeを検証してみた

先日6/12にOutput社の新製品「Arcade」がリリースされました。Output社といえばREVを皮切りにユニークで高品質な製品をリリースし続けているデベロッパーです。今回リリースされたArcadeも非常にユニークで面白そうだと思い触ってみたので、少し込み入った検証を交えながらその感想を記事にしていこうと思います。

  • 2018.06.11

【番外編:テトリス】積むのが遅くても勝てる対戦テトリスTips

こんにちはswitch版ぷよテトSのレートがそろそろ9000行きそうでなかなかいきません、ぷるです。私はお世辞にもテトリスを積むのが速くありません。40LINEで1分20秒いけば速い方で、同レート帯を見ても明らかに遅いと感じます。そんな私でもレートがそこそこ上がり、レート10000の人に勝てることも珍しくなく勝てるととても楽しいです。そこでテトリスを積むのが遅くても対戦テトリスに勝てるTipsを紹 […]

  • 2018.06.10

ロングリバーブのミキシングTips

ロングリバーブは曲の雰囲気を演出するのに欠かせません。ただしロングリバーブは適切な処理をしなければミキシングで非常に厄介な存在になります。透明感のないごたついたミックスになってしまわないようなTipsをご紹介します。

  • 2018.06.08

【Reverb】Insert vs Send/Return 設定方法やメリットについて

リバーブの使い方においてよく議論されるのが、トラックに直接インサートする方法と、センドバスを作成しそこにまとめる方法の2つです。片方が正解というわけではなく、それぞれメリットが異なります。今回はリバーブの使い方Insert vs Send/Returnということでまとめてみたいと思います。

  • 2018.06.07

Google AdSense審査通過までにやったこと

今回は番外編。先日Google AdSenseの審査を無事通過してブログ内に広告が掲載されるようになりました。いろいろ調べたり悩んだりしてやっとのことで通過しました。これでサーバー代くらいは賄えるかなと密かに期待しています。そこで今回は審査通過までにやったことや、問題があったことについて実例を交えながら個人的にまとめておこうと思います。

  • 2018.06.05

リバーブで最低限抑えておくべき5つのパラメータ

リバーブのパラメータは他のエフェクタよりも少し複雑です。私自身リバーブのパラメータひとつひとつをしっかり理解しているわけではありません。しかし重要なパラメータを抑えることで満足の行く音作りが可能になります。この記事ではリバーブのパラメータをポイントを抑えて解説していきます。

  • 2018.06.04

リバーブを使ったMixと音作り(基礎編)

  リバーブは楽曲の雰囲気を決定づけるエフェクタです。効果的に使うと楽曲のクオリティを格段に上げることができますが、十分に使用できずにドライなミックスになったり、逆に使いすぎて酷いときには”風呂場ミックス”なんて言われる事もあります。私自身も「リバーブの使い方を教えて下さい」といった質問も何回も受けており、今回このテーマで記事を書こうと思い立ちました。複数回に渡っ […]

  • 2018.05.29

マスタリングのSaturator(Exciter)

マスタリングにおいて「きらびやかさ」や「温かさ」といった要素を加えたいならば、SaturatorやExciterといったエフェクタが最適です。通常はミキシングで使用することが多いエフェクタであり、マスタリングでは使用しないというエンジニアの方も多いですが、2mixの質感を変えるエフェクタとしてはこれ以上ないと思っております。そのSaturator/Exciterのマスタリングでの使用についてお話し […]

  • 2018.05.27

マスタリングのStereo Imager

Stereo Imagerとは音のステレオ感を広げたり狭めたりできるエフェクタです。マスタリングで必ず使用するエフェクトではありませんが、ミキシングの補正やアルバムの質感の統一などで重宝します。そのStereo Imagerについて効果的な使い方を紹介致します。

  • 2018.05.25

Ableton Live Tips 003 マルチバンドエフェクタを自作しよう

マルチバンドエフェクタとは各帯域毎にそれぞれ異なる設定のエフェクトをかけることができるエフェクタです。マルチバンドコンプレッサーやマルチバンドディストーションが有名かと思います。マルチバンドでしか得られない素晴らしい効果はありますが、その反面プラグインの数が少なく高価なものが多いです。そこでマルチバンドエフェクタを持っていなくてもその効果を使えるようなエフェクタの自作方法を紹介します。

1 6 7