DTM、DAW、マスタリング、ミキシング、Ableton Live等のTipsを書き留めていくブログです。

Ableton Live

Ableton Live Tips 004 1つのノブで全てをコントロール

投稿日:

 

MassiveやSerumなどのシンセサイザーには1つのノブで複数のパラメータをコントロールできる機能が実装されています。とても便利ですよね。しかしそういったマクロコントロール機能を実装していないシンセやエフェクタ類もたくさん存在します。そういったマクロコントロール機能がないものでもAbelton Liveの機能でコントロールすることができます。今回はその方法をご紹介します。

Audio Effect Rackに格納

Audio Effect Rack(またはInstrument Rack)をインサートし、その中にコントロールしたいプラグインをインサートします。

または、「Ctrl + G」のコマンドでAudio Effect Rackに格納されます。

 

マクロコントロールを表示

左端のマクロコントロール表示ボタンを押してマクロコントロールを表示させます。

 

コントロールしたいパラメータの表示

プラグインの「▼」ボタンをクリックすると「Configure」ボタンが表示されます。このボタンが緑色に点灯してる間にコントロールしたいパラメータを動かします。そうすると動かしたパラメータが表示されます。

 

マクロコントロールへアサイン

Audio Effect Rackの「Map」ボタンが緑色に点灯している間に「コントロールしたいパラメータ→マクロのMapボタン」の順でクリックします。

そうすればマクロにパラメータがアサインされます。下動画のように動かせるはずです。

 

 

マクロマッピングの調整

マクロでコントロールする量を調整します。最小はマクロが0の時の値、最大はマクロが128(最大)の時の値になります。

ここで調整すれば一通りの設定は完了になります。

 

 

いくつでもアサインできます

いろいろ活用してみてください!







-Ableton Live

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Ableton Live Tips 003 マルチバンドエフェクタを自作しよう

マルチバンドエフェクタとは各帯域毎にそれぞれ異なる設定のエフェクトをかけることができるエフェクタです。マルチバンドコンプレッサーやマルチバンドディストーションが有名かと思います。マルチバンドでしか得ら …

Ableton Live Tips 001 プロジェクトのテンプレート化

思いつくままにAbleton LiveのTipsを書いていくコーナーです。今回は他のDAWでもできる「プロジェクトのテンプレート化」です。

Ableton Live Tips 006 wav化して管理しよう

  思いつくままにAbleton LiveのTipsを書いていくコーナーも気づけば6回目です。シンセをwav化したり複数のオーディオファイルをまとめてひとつのwavファイルにすることで、効率 …

Ableton Live Tips 008 新ツールPack「Creative Extensions」 その2

  前回の続きでAbleton Liveの新Pack「Creative Extensions」を触っていきます。ユニークなオーディオエフェクトやシンセは触っていてとても楽しいです。それでは早 …

Ableton Live Tips 002 アレンジメントビューで役立つ3つのショートカット

思いつくままにAbleton LiveのTipsを書いていくコーナーです。第2回はAbleton Liveのアレンジメントビューでの操作効率が飛躍的に向上する3つのショートカットを紹介します。