DTM、DAW、マスタリング、ミキシング、Ableton Live等のTipsを書き留めていくブログです。

ミキシング

目で見るミキシング【2mix波形編】

投稿日:2018年5月7日 更新日:


ミキシングは自分の耳やモニタリング環境に頼ることが多くて難しいですよね。
しかし基本的な事は耳に頼らず、目で分かる事もあります。
目で分かる事は環境に左右されないため、DTM初心者でも自分のミキシングの良し悪しを把握できます。
というわけで「目で見るミキシングシリーズ」の第一弾、2mix波形編です。

リミティングされてる

ミキシングとはすこしズレますが、マスタリングに出す場合はリミティングされてない物が望ましいです。
当たり前じゃんって思う人も多いかと思いますが、ちょこちょここんな2mixを持ってくる人がいらっしゃるので書かせて頂きました。
なんでリミティングされてない方が良いかというと…
・マスタリングで各種エフェクターが使い辛くなる(リミティングされていると十分な効果が得られない)
・つまりマスタリングですることがなくなる
・エフェクターが使えないと他の楽曲との質感の差が出る
ということが挙げられます。

音量差がすごい

こっちが本題です。
曲の最初の方と終わりの方で明らかに波形の大きさが違います。
最初がものすごく静かなわけではなく、ストリングスやシンセリードのボリュームが大きすぎて、そのパートが入ってくるところで大きな差が生まれてます。
楽器数が増えると波形が大きくなるのは必然なのですが、この画像のように大きすぎるのは問題です。

そして下がミキシングがうまいと感じた波形の例です。

曲の終盤で波形が大きくなってますが、前の画像ほど顕著ではありません。
前述したとおりストリングスやリードで大きくなりすぎてる人をぼちぼち見かけるので、一度エクスポートして波形を確認するのも良いかもしれません。
差が顕著な場合はボリュームを下げましょう。

 アタックが出てる

楽器(主にパーカス)のアタックが突出してる事があります。
このパターンはそこまで大きな問題にはなりませんが、一度問題となってるトラックを確認してみても良いかもしれません。
ボリュームまたは、コンプレッサーorリミッターで抑えてやりましょう。

 

以上、はじめての記事投稿でした。
目で見るミキシングシリーズはいくつか考えているのでまた次回!







-ミキシング

執筆者:


  1. unlucksi より:

    こんにちは、毎回参考にさせていただいてます。
    私はこれまでずっとミックス(と思われる手順)時にリミッティングしてたので、この記事を機にやめてみようと思ってます。そこで質問なのですが、
    ・ミックス時にはマスタートラックにプラグインは基本刺さない、というのが基本なのでしょうか?
    ・これまでミックス時にリミッティングして楽していたこともあり、音量バランスを調整する際にマスタートラックを見ると常にクリッピング状態になってしまっていました。なので、全ての楽器を最大でも−5db、それより小さい音量にしないとクリッピングしてしまうという事態が起き、さらに元々意図していた音のバランスが崩れてしまうといったことまで起きてしまい…つまり、この際ミキシングの時の音圧が小さくなってしまうのは気にせずに音のバランスなどに集中して、音圧はマスタリングで稼げばいいのでしょうか?

    といった風にミキシングのミの字もわかってない私ですが、もしお時間ありましたら回答宜しくお願い致します。

    • purureko より:

      こんにちは、ブログ見てくださってありがとうございます。

      >・ミックス時にはマスタートラックにプラグインは基本刺さない、というのが基本なのでしょうか?
      これは2mixファイルを出力する際はマスタートラックにプラグインは基本刺さないという意味ならYESです。
      ただ、ミックス段階でマスタリングでリミティングされるのを想定してマスターにプラグインを刺した状態でミックスする方もいらっしゃいます。その場合も2mixファイルを出力する場合はプラグインを外して出力します。

      >ミキシングの時の音圧が小さくなってしまうのは気にせずに音のバランスなどに集中して、音圧はマスタリングで稼げばいいのでしょうか?
      そのとおりです。2mixの段階で音は小さくても問題ありません。各トラックの音量を小さくするのが手間の場合は、マスターに音量調整できるプラグインをさして音量を下げる方法でも対処できます。

      以上のことは、マスタリングを外注する場合はそうしたほうが良いです。外注しない場合はこれまで通り自身のマスタートラックにプラグインを刺して完結しても問題ありません。

      • unlucksi より:

        なるほど、回答ありがとうございます。
        不安解消されました!やってみます。これからも記事楽しみにしてます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロングリバーブのミキシングTips

ロングリバーブは曲の雰囲気を演出するのに欠かせません。ただしロングリバーブは適切な処理をしなければミキシングで非常に厄介な存在になります。透明感のないごたついたミックスになってしまわないようなTips …

リバーブで最低限抑えておくべき5つのパラメータ

リバーブのパラメータは他のエフェクタよりも少し複雑です。私自身リバーブのパラメータひとつひとつをしっかり理解しているわけではありません。しかし重要なパラメータを抑えることで満足の行く音作りが可能になり …

ステレオ感の広げ方

  音楽をイヤフォンやヘッドフォン等のステレオ環境で聞くのが当たり前になっている中で、ステレオ感というのはとても重要になっています。ただし一言でステレオ感と言っても様々な種類が存在します。そ …

【Reverb】Insert vs Send/Return 設定方法やメリットについて

リバーブの使い方においてよく議論されるのが、トラックに直接インサートする方法と、センドバスを作成しそこにまとめる方法の2つです。片方が正解というわけではなく、それぞれメリットが異なります。今回はリバー …

パーカッションのピッチ調整

皆さんパーカッションのピッチ調整はちゃんとしていますか?パーカッションにもピッチが存在していて、それを曲に合わせて調整しないと不協和音を生んで違和感のある曲に仕上がってしまいます。今回はパーカッション …